美容には、徹底した毎日の洗顔とクレンジングが大切

赤いマニキュアをした女性

最新情報

2016年01月06日
悩みの種になる毛穴を更新。
2016年01月06日
くすまないお肌を目指してを更新。
2016年01月06日
夜のオイル美容液でエイジングケア を更新。
2016年01月06日
お肌の乾燥を阻止するために必要な保湿成分を更新。

オススメ記事

  • 夜のオイル美容液でエイジングケア 

    頭にお花をつけた女性

    20代では毛穴の汚れなどが気になりだし、30代、40代になると、母親のしわが気になっていたのが、鏡をみると、…

    この記事を読む

  • お肌の乾燥を阻止するために必要な保湿成分

    女性

    乾燥肌はお肌の荒れの原因になります。乾燥肌で弱ったお肌はすぐに肌荒れを起こしてしまうのです。肌が乾燥するなと…

    この記事を読む

  • 悩みの種になる毛穴

    女性の横青

    キレイなお肌というのは、毛穴が目立たないようなお肌でもあります。ニキビ跡やそばかすなど気になることもあるでし…

    この記事を読む

毎日の洗顔とクレンジングが大切です

美肌作りに一番直結しているのが、毎日の洗顔とクレンジングだと言われています。特に、その日の化粧をきちんと落とすことが大切です。
若い方はまだまだクレンジングを軽視する人が多く、疲れて帰ってきて化粧をしたまま寝てしまったなんて話をよく聞きます。若いうちはそのような生活を続けても、すぐに肌トラブルは感じないかもしれません。しかし、早くから正しいクレンジングを心がけることで10年後、20年後に美しい肌を保つことができるのです。また、きちんと毎日クレンジングしていても、案外きちんと汚れを落とせていない人も多いのです。高い化粧品を使うのもいいけど、基礎の基礎であるクレンジングについて振り返ってみてください。
特にアイメイクを落とすときは、ポイントメイク専用のリムーバーでゆっくりとなじませるように落としてください。マスカラをつけている場合は、最初にマスカラだけ優しく落とします。クレンジングが終わったら洗顔をしますが、その後にタオルでそっと目元を撫でて、メイクが残っていないか確認します。また、メイクが落ちればどんなクレンジング剤でもいいと思っていたら大間違いです。自分の肌に合ったクレンジング剤を選び、正しく使うことが大切です。こうした徹底した基礎のスキンケアが美肌への近道です。

化粧水の二度塗りで乾燥防止

私は、もともと乾燥肌でした。若いうちは、まだマシだったのですが、40歳を目前にひかえ、乾燥すると、小じわが目立つようになって来ました。雨の日以外は、たいてい、空気は乾いていますから、化粧がのりにくくて大変です。
そこで始めたのが、化粧水の二度塗りです。洗顔の後、化粧水をつけます。その後、もう一度化粧水をつけます。同じ化粧水でもいいですし、試供品をもらったら、それを使うときもあります。二度目に塗る化粧水は、よほど粗悪なものでなければ、何でもOKです。どうして、それが効果的なのかご説明します。植木鉢に水をやるとき、一度にたくさんやっても溢れてしまいますよね。何度かに分けて注いでやるほうが、しっかりと中まで、土に水が行き渡ります。それと同じで、化粧水も二度に分けることによって、同じ量を一度につけるより、よく浸透するのです。
もちろん、その後のスキンケアも大切です。しっかり化粧水で水分を入れておくと、後からつける美容液や乳液も、肌の表面でベタベタせず、肌の奥に届いてよく効きます。できれば、コットンで塗布すると更にいいです。この方法で保湿するようになってから、ファンデーションが綺麗につくようになりました。新しく化粧品を買わなくても、すぐに試すことができますので、是非、チャレンジしてみてください。

洗顔時の正しいスキンケア方法

洗顔はお肌のべたつきを取り除き、汚れを排除するために大切な行動です。
ただし、この洗顔時に間違った方法でスキンケアすると、お肌は逆に荒れてしまうのです。あなたは正しいスキンケアで洗顔をしているでしょうか。今回は間違った洗顔方法やそれを改善する正しい洗顔方法をご紹介します。これで美肌を保てるようにしましょう。
ニキビやお肌のべたつきに悩んでいる方は、頻繁に洗顔をしていませんか。実は1日に何度も洗顔するのは、逆効果で肌荒れを起こしやすくしてしまうことがあります。お肌の皮脂を取り除きすぎるのはよくないのです。日に何度も洗顔するとお肌に必要な皮脂まで取り除いてしまって、自然と皮脂を分泌しようとします。これにより必要以上に皮脂が分泌されて、ニキビの原因になってしまったり、益々お肌がテカったりすることがあるのです。洗顔は1日1回~2回までが限度です。それ以外はなるべく洗顔をしないでください。何らかの行動で大量に汗をかいてしまった場合などは仕方がありませんが、そのような特別なとき以外は1日2回までにしておきましょう。それから洗顔はしっかりと泡立ててなるべく肌を刺激しないように泡で洗ってください。お肌をごしごしすると肌のバリア機能を傷つけます。触らないで泡で洗い、優しく洗い流しましょう。このような正しい洗顔方法を用いて、スキンケアしてください。

Copyright(C)2016 美容には、徹底した毎日の洗顔とクレンジングが大切 All Rights Reserved.